活動報告

島根県緑化推進委員会:森づくり活動(2021年2月17日、18日、19日)

  • ユーザー名: 島根県緑化推進委員会 代表理事会長 松尾秀孝
  • 開催年月日: 令和3年2月17日(水)、18日(木)、19日(金)
  • 活動分野:  森づくり活動
  • サポーター名:(個人)竹田正彦、浅浦徹、(団体)NPO法人緑と水の連絡会議

就学前の子供たちに、森林や樹木への興味、環境への関心を持ってもらうため、「森の教室」を開催しました。
子供たちは、サポーターから、ドングリの種まきの仕方や成長の過程を教えてもらい、実際にドングリの種を蒔いて森づくりに参加し、森林や環境を守る大切さを学びました。
森林に住む生き物クイズや森の仲間たちのダンスなどもあり、子供たちは、森とのふれあいに楽しみながら参加することができました。

島根県緑化推進委員会

令和2年度島根県森林インストラクタースキルアップ研修(第2回)

  • 主催者: しまね森林活動サポートセンター
  • 開催年月日: 令和3年2月13日(土)、14日(日)
  • 研修場所: 松江市宍道町「ふるさと森林公園」 出雲市佐田町地内
  • 研修内容: SDGsと森林、生物多様性プログラム発表会、フィールドでSDGsについて学ぶ

研修の概要
 平成27年の国連サミットにおいて示されたSDGs(持続可能な開発目標)に関して正しく理解した上で、森林保全と関連したゴールを目指す森林イベントや研修を企画運営するためのプロセスや手法について研修した。
 参加者にとっては、SDGsについて、森林インストラクターとして理解しておくべき事項を学ぶことができ、森林の持つ豊かさや重要性について再認識できる実り多い研修となった。

スキルアップ研修 スキルアップ研修

西部農林振興センター:治山施設点検(2020年11月25日・27日)

  • ユーザー名:西部農林振興センター 所長 高橋裕司
  • 開催年月日:令和2年11月25日(水)、27日(金)
  • 活動分野:山地防災活動
  • サポーター名:(団体)島根県山地防災ヘルパー協議会

江津市桜江町地内の治山施設の破損等異常の早期発見と応急対応による安全対策を行うため、治山施設の点検を行った。
即座の修繕対応が必要な個所はなかったが、サポーターの指導により、治山施設点検のポイントについて学ぶことができた。

西部農林振興センター

「盆栽」を体験する会:環境緑化活動(2020年11月13日)

  • ユーザー名:「盆栽」を体験する会 代表 門脇 敏子
  • 開催年月日:令和2年11月13日(金)
  • 活動分野:環境緑化活動
  • サポーター名:(個人)安達昌已、洲濱寿晴

かんべの里山に入り、実生の木・草などを採集し、講師の指導により採集した植物を自分の感性で植え付け、苔を植え付けて盆栽に仕立てていきました。
日差しの温かい日で、植物の名前も覚えて自分だけの盆栽の出来上がりに参加者の笑顔がこぼれました。
参加者からは、「鉢に対して植物の高さ、間の取り方など難しかった。」「赤い実のついているユブコウジ、ツハアリドウシなど使ってかわいらしくできました。」などの感想があり、盆栽づくりに楽しく取り組まれた様子がうかがえました。

「盆栽」を体験する会

島根職業能力開発短期大学校:木材資源等利用活動(2020年11月5日)

  • ユーザー名:島根職業能力開発短期大学校 校長 上田智昭
  • 開催年月日:令和2年11月5日(木)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)樹冠ネットワーク

竹での製作を通じて、竹林における地域課題や竹の加工技術、景観デザインの利用を考えることを目的に開催した。

有福温泉における竹害や温泉街の歴史を学び、竹の加工方法をサポータから教わりました。
建築の知識と技術を使って竹のモニュメントや竹のベンチの製作を行い、温泉街に竹を使用した空間を創出しました。

参加者からは、「竹に触れることにより竹に関する考え方が変わった。」「竹の加工や結び方など難しかったが、周りと協力することができた」「サポーターの方と協力しコミュニケーションも取れ完成させることができた」と竹の活用について新たな技術を習得したことに満足し、実り多い活動となりました。

島根職業能力開発短期大学校

益田市立吉田南小学校:森とのふれあい活動(2020年10月30日)

  • ユーザー名:益田市立吉田南小学校 校長 村上 護
  • 開催年月日:令和2年10月30日(金)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(団体)いわみの森こだま協議会 会長 津島辰雄

サポータから、秋の木の実や落ち葉の種類、植物の名前を教えていただいたり、子供の疑問に丁寧に答えていただきました。
学校では、見つけられない木の実や落ち葉、キノコなどを見つけ、秋の自然への関心を高めることができました。
歌や絵本に出てくる「からすうり」や「むかご」を紹介してもらい、知識を深めることができました。
子供達は、興味津々で秋の山野を思う存分楽しみながら新たな発見をたくさんして大満足でした。

益田市立吉田南小学校

大庭公民館野あるきの会:森とのふれあい活動(2020年10月28日)

  • ユーザー名:大庭公民館野あるきの会 代表 高取 裕子
  • 開催年月日:令和2年10月28日(水)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(個人)廣江百合子、國井加代子

クサギの実と玉ねぎの皮を使って、絹や木綿などの布地を染める草木染の試作会をを行いました。
クサギの実はたくさん使用したのでもっと色が濃く出ると思ったがあまり濃くはなりませんでした。
玉ねぎの皮はしっかりと染まりました。

参加者は皆初めての経験で、どんな色に染まるか期待し、楽しみました。
きれいな薄青緑のクヌギで染めたスカーフでおしゃれに出かけられると思います。

大庭公民館野あるきの会

大田市立川合小学校:木材資源等利用活動(2020年10月26日)

  • ユーザー名:大田市立川合小学校 校長 岩谷律子
  • 開催年月日:令和2年10月26日(月)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)緑と水の連絡会議 理事長 高橋泰子

 木の学習を行った後に、ベンチになる丸太の皮をはぐ活動を主に行った。ベンチづくりをとおして、木のぬくもりや良さを感じることができた。
 子供達は、「木の皮をはいだらつるつるになって木ってきれいだなと思った。」「木が固くて皮をはぐのが難しかったけど、するっと長くむけるとすごく気持ちが良くて楽しかった。」「はいだ木を素手でさわると冷たくて心地が良かった。」など、木とのふれあいを楽しみながら学習することができました。

大田市立川合小学校

まつえ市民環境大学村:森とのふれあい活動(2020年10月17日)

  • ユーザー名:まつえ市民環境大学村 代表 池内美佐子
  • 開催年月日:令和2年10月17日(土)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(個人)柏原康則、廣江百合子

 松江城山内を散策して樹木・植物の自然観察を行うとともに、城山の植生と歴史の関りを学ぶ機会を持った。
 参加者からは、「城山の自然観察で気持ちよく歩いて心が晴れた。」「城山のナンジャモンジャ、椿の植生由来など改めて理解できて良かった。」「城山に色々な種類の木々があること、城内の食糧確保から食べられる木の実の種類が多くあることを知った。」「石垣の刻印や種々の樹木等をガイドにより観光客の視点で眺めたのは初めてであり新鮮だった。」などの感想が聞かれ、新たな発見がたくさんあって有意義な観察会となった。

まつえ市民環境大学村

山のこども園うしのしっぽ:森とのふれあい活動(2020年10月12日)

  • ユーザー名:山のこども園うしのしっぽ 園長 京村まゆみ
  • 開催年月日:令和2年10月12日(月)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(個人)津島 辰雄

サポーターからきのこ狩りの注意点について話を聞き、その後きのこ狩りへ。
鑑定して、きのこはお昼にきのこ汁にして食べました。

色や形、手触り、そして大きさも多種多様なきのこ。
子どもたちは、見たり触ったり匂ったりと五感を開いて真剣です。
見つけた喜び、友達と探しあう楽しさ、きのこの不思議さ、面白さを感じあう時間でした。

ニオイコベニタケに「赤いきのこからカブトムシの匂いがする!」と何度も嗅いでみる子ども、サポーターさんから猛毒と言われて驚く。
小さな可愛いニガクリタケを見つけた子ども。
自分の採った野生きのこが給食で食べられる嬉しさ・美味しさとともに、毒きのこもあるという自然の厳しさも併せて感じてもらえました。
きのこの生態を通して大人も子どもも、山への理解・関心がより深まったように思います。

山のこども園うしのしっぽ

ますだ交流館:森とのふれあい活動(2020年10月9日)

  • ユーザー名:ますだ交流館 館長 石田 貢三
  • 開催年月日:令和2年10月9日(金)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(個人)大野 勉

 三瓶埋没林公園を訪問し、地底に眠る4千年前の巨木に出合う体験を子供たちに実現させるとともに、太古に思いを馳せる経験をすることができた。
 また、世界遺産の大森銀山を訪問し、その内容を知って生活の中にどのように利用されてきたか考えさせるとともに、周りに植えられている木々を観察した。
 子供たちは、「4千年前の大木が予想より大きかった。年輪がいっぱいあった。」「大きい木や太い木がたくさんあって迫力があった。」「地層、化石、火山灰などが関係していることが良く分かった。」「今、理科の授業でやっていることが復習できて良かった」「銀が思ったより重かった」「身近で銀が使われていることが分かった」などそれぞれに感動して新たな発見をすることができました。

ますだ交流館

匹見上公民館:森とのふれあい活動(2020年10月4日)

  • ユーザー名:匹見上公民館 館長 渡邊 幸雄
  • 開催年月日:令和2年10月4日(日)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(団体)全国森林インストラクターしまね 会長 永島守

 裏匹見峡遊歩道沿いを中心に散策しながら、きのこや木の実の採集・植物観察を行い、参加者に向けてきのこの取り扱い方・分類・調理の方法及び山歩きの講習を行うとともに、この季節特有の山野での危険に対する注意を呼び掛けました。
 山では、マイタケの大きな株やヒラタケ、シメジ等美味しいきのこをたくさん収穫できました。
 参加者は、「身近な野外で楽しく過ごすことができて嬉しかった。きのこ以外にも、栗の実拾いには子どもに限らず大人も童心に帰って楽しむことができ、自然の恵みに感謝の思いが深まった。」と大きな感動と達成感を感じながら秋の野山を満喫しました。

匹見上公民館

令和2年度島根県森林インストラクタースキルアップ研修(第1回)

  • 主催者:しまね森林活動サポートセンター
  • 開催年月日:令和2年9月26日(土)、27日(日)
  • 研修場所:益田市匹見町 匹見峡レストパーク他
  • 研修内容:川の学習、樹木学習、ネイチャーゲーム実演、プログラム作成、森林環境教育、他

【研修の概要】
新型コロナウイルスと共存せざるを得ない現在において、森林環境教育の手法の見直しをテーマに研修を行った。
現在プロとして森林環境教育を実践している取り組みに学ぶとともに、コロナ対策をしながらもコロナストレスを軽減するものや密を避けた自然体験活動などプログラム作りに取り組んだ。

森林インストラクタースキルアップ研修 森林インストラクタースキルアップ研修

東部保育園:みーもサマースクール(2020年8月28日)

  • ユーザー名:東部保育園
  • 開催年月日:令和2年8月28日(金)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童27名・大人4名

感想等
子供たちは、野外で久しぶりにのびのびと思いっきり楽しみました。
普段、森の中に入ることがないので良い経験になりました。
川での活動が特に心に残ったようです。
子供たちは、「川でプールを作って面白かった。」「みんな楽しかった。」「秘密基地が外にできていて良かった。」と野外での活動を心から満喫し楽しんでいました。

東部保育園

荘原保育園:みーもサマースクール(2020年8月26日)

  • ユーザー名:荘原保育園
  • 開催年月日:令和2年8月26日(水)
  • 選択メニュー:メニュー2(1日森の自然観察)
  • 参加者数:児童21名・大人5名

感想等
生き物を観察したり、葉っぱをとってにおいをかいだり、かじってみたり、探したりして素敵な発見をたくさんして笑顔をいっぱい見ることができました。
子供たちは、「神社にいく石段は大変だったけど登れて楽しかった。」「散策に行っていろいろ説明してくれてありがとうございました。」「いろいろな宝を探して、絵を描くのが楽しかった。」「茎をかじったらすっぱかった」「紙芝居が面白かった。」とインストラクターの皆さんに感謝しながら自然をしっかり楽しみました。

荘原保育園

高浜児童クラブ:みーもサマースクール(2020年8月21日)

  • ユーザー名:高浜児童クラブ
  • 開催年月日:令和2年8月21日(金)
  • 選択メニュー:メニュー2(1日森の自然観察)
  • 参加者数:児童30名・大人4名

感想等
コロナ対策をしっかりしていただいていたので安心して参加することができました。
子供たちは、自然の中でのびのびと活動していました。
子供たちは、「クルミ拾いや草木の事がわかって楽しかった。」「川の学習では、滝もありとても楽しく、もっと遊びたかった。」「川の中の生き物をとって観察することが楽しかった。」と自然を満喫し楽しんでいました。

高浜児童クラブ

大田ルーテル・ラブリー児童クラブ:みーもサマースクール(2020年8月21日)

  • ユーザー名:大田ルーテル・ラブリー児童クラブ
  • 開催年月日:令和2年8月21日(金)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童32名・大人7名

感想等
子ども達は、自然観察やネイチャーゲーム、アスレチックなどをたくさんのスタッフに見守られて安心してのびのびと活動し、また川の生きもの観察をするなど時間を忘れて楽しんでいました。
子ども達は、「虫をたくさん見つけて嬉しかった。」「ボーリングのようなゲームをして楽しかった」「捕まえた魚を放したけど、すぐに見えなくなりました。」などと感想を話し、とても楽しく過ごしました。

大田ルーテル・ラブリー児童クラブ

すみれ保育園:みーもサマースクール(2020年8月21日)

  • ユーザー名:すみれ保育園
  • 開催年月日:令和2年8月21日(金)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童33名・大人4名

感想等
町の中ではできない子供のころにやった遊びを、子供たちとやれたことがとてもよかった。
転がってすりむいても泣かずに楽しんでいる子供たちの姿が見れて頼もしかった。
植物や昆虫など自然の中にあるものを色々知ることができて良かったです。
子ども達は、「虫探しが楽しかった。」「揺れる橋がゆらゆらして怖かったけど面白かった。」「川で魚を捕ったり、泳いだりとても棚しかった」とそれぞれに感じながら楽しく過ごしました。

すみれ保育園

神田保育園:みーもサマースクール(2020年8月20日)

  • ユーザー名:神田保育園
  • 開催年月日:令和2年8月20日(木)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童26名・大人5名

感想等
日頃高津川で遊んでいますが、匹見川は、冷たくて子供たちもとても楽しく泳いでいました。
森や川の自然に触れて楽しい一日でした。
子ども達は、「トンボを捕るのが難しかったけど面白かった。」「水が冷たくて気持ちよかった。」「ライフジャケットで流れるのが楽しかった」「虫やトンボなど色々なものが見れて楽しかった」と自然との触れ合いを満喫しました。

神田保育園

本庄児童クラブ:みーもサマースクール(2020年8月20日)

  • ユーザー名:本庄児童クラブ
  • 開催年月日:令和2年8月20日(水)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童28名・大人4名

感想等
見て、触って、匂って、探して、捕まえて貴重な体験ができました。
子ども達は、「色々な自然の名前を教えてくれてありがとうございました。川遊びで魚やオタマジャクシや色々な生き物を見つけて楽しかった。カナヘビと日本トカゲもいっぱいいてすごかった。」「丁寧に教えて頂き有難うございました。植物とかを触ったり、匂ったりしてとても楽しかった。」「森の探検でビンゴカードをして、森の中で色々な物を見ることができ楽しかった。また行きたいです。」とそれぞれに感激し楽しく過ごしました。

本庄児童クラブ

長久ゆうゆう学童クラブ:みーもサマースクール(2020年8月19日)

  • ユーザー名:長久ゆうゆう学童クラブ
  • 開催年月日:令和2年8月19日(水)
  • 選択メニュー:メニュー2(森の自然観察)
  • 参加者数:児童25名・大人3名

感想等
子ども達は、友達と一緒に森の中をたくさん歩いて普段見られないものを見たり、気づかないものに気づいたりして楽しんでいました。
子ども達は、「宝探しできれいな花が見つけられたし、冒険しながらワクワクして楽しい一日になりました。」「森のアート(工作)が楽しかったし、紙芝居が面白かった」「インストラクターの先生の話を聞くことができて良かった」などとても楽しく過ごしました。

長久ゆうゆう学童クラブ

朝波にこにこ児童クラブ:みーもサマースクール(2020年8月18日)

  • ユーザー名:朝波にこにこ児童クラブ
  • 開催年月日:令和2年8月18日(火)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童12名・大人2名

感想等
子ども達は、自然観察やネイチャーゲーム、アスレチックなど、広い場所でのびのびと活動し、また川の中に入って生きもの観察をするなど時間を忘れて楽しんでいました。
子ども達は、「毎日暑かったけど、木陰で気持ちよかった。」「川の水がきれいで気持ちよかった。初めてカニを触りました。」とそれぞれに感激し貴重な経験をすることができました。

朝波にこにこ児童クラブ

(株)山広:木材資源等利用活動(2020年8月9日)

  • ユーザー名:(株)山広 代表取締役社長 渡部 淳
  • 開催年月日:令和2年8月9日(日)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)フォレストサポート24 代表 青砥 和夫

松ぼっくりなど自然のものを使用した作品を作ることにより、森林に触れ合い、自然の大切さを体験してもらうよう企画した。
特に、子供達には、夏休みの宿題応援として工作作りに挑んでもらった。
サポーターの丁寧な指導と子供たちの豊かな想像力や発想力により、素敵な作品がたくさん出来上がった。
親の方がお子様を積極的に参加させようとされており、自然との触れ合いを大切にする親の気持ちが伝わりました。

山広

神門保育園:みーもサマースクール(2020年8月7日)

  • ユーザー名:神門保育園
  • 開催年月日:令和2年8月7日(金)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童38名・大人6名

感想等
久しぶりの外での活動となり、自然の中での活動はとても気持ちよく過ごせました。子供たちもみんな伸び伸びと過ごすことができました。
子ども達は、「川遊びが楽しかった」「川の中が気持ちよかった」「森の中の散策は涼しかったし、セミや鳥の声を聴けて良かったです」と楽しく自然を満喫しました。

神門保育園

めぐみ保育園:みーもサマースクール(2020年8月7日)

  • ユーザー名:めぐみ保育園
  • 開催年月日:令和2年8月7日(金)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童28名・大人5名

感想等
森では普段みなれない虫やキノコを見つけることができ、良い経験でした。川で遊び、泳ぐ子供たちはとても楽しそうでした。
子ども達は、「森で探検できて楽しかった」「トンボやバッタがたくさんいてとても楽しかった。」「川に入れたことが楽しかった」「川の水が冷たかったけど、魚を見ることができて良かった」と大満足でした。

めぐみ保育園

葵保育園:みーもサマースクール(2020年8月6日)

  • ユーザー名:葵保育園
  • 開催年月日:令和2年8月6日(木)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童21名・大人4名

感想等
ライフジャケットを使っての川遊びが新鮮で、大人も楽しめるものでした。広い自然の中で子供たちが伸び伸びとしていてとてもよかったです。
子ども達は、「虫取りが楽しかった。」「森でキノコを探すのが面白かった。」「川で飛び込むのが面白かった」「川で泳いだり、魚探しをするのが楽しかった」と匹見の自然を面白く楽しみました。

葵保育園

城北児童クラブ:みーもサマースクール(2020年8月5日)

  • ユーザー名:城北児童クラブ
  • 開催年月日:令和2年8月5日(水)
  • 選択メニュー:メニュー2(1日森の自然観察)
  • 参加者数:児童21名・大人3名

感想等
森の中で様々な生き物たちと触れ合い、日常では体験できない発見や驚きがたくさんありました。子供たちの生き生きとした姿が印象的でした。
子供たちは、「自然に生えている葉や木の枝を拾って作った森の絵が楽しかったです」「オニヤンマが卵を産んでいるのをはじめて見てオニヤンマは小さい水たまりの中で人に見つかりにくいところで卵を産んでいました。運が良かったんだなと思いました。」と実際の自然の営みに触れて楽しんでいました。

城北児童クラブ

めだか児童クラブ:みーもサマースクール(2020年8月5日)

  • ユーザー名:めだか児童クラブ
  • 開催年月日:令和2年8月5日(水)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童35名・大人5名

感想等
梅雨も晴れて、みんなで匹見の自然に触れることができてとても良かったです。匹見の自然の豊かさを実感しました。
子ども達は、「カエルを見つけてカエルが好きになった。」「川の水が冷たかったけど、魚を見つけるのが楽しかった。」「川の水は最初とても冷たかったけど、だんだん温かくなった。」「昆虫が多くいて、虫取りが楽しかった」とそれぞれに感激し楽しく過ごしました。

めだか児童クラブ

朝酌児童クラブ:みーもサマースクール(2020年8月3日)

  • ユーザー名:朝酌児童クラブ
  • 開催年月日:令和2年8月3日(月)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童34名・大人5名

感想等
スケジュールがゆったりとしていて、子供たちは、ゆっくりと余裕を持って楽しんでいました。
子供たちは、「川で、いろいろな生き物が捕れてうれしかった。特に魚が捕れてうれしかった」「川に入れて嬉しかった。川にもいろいろな生き物がいることが分かりました」「木や草を観察できて楽しかった」「自然のものではないものを見つけるのは意外と難しかった」と興味津々で、探求心を持って自然と触れ合いました。

朝酌児童クラブ

大田ルーテル・ラブリー児童クラブ:木材資源等利用活動(2020年8月3日)

  • ユーザー名:大田ルーテル・ラブリー児童クラブ 理事長 梶西昭男
  • 開催年月日:令和2年8月3日(月)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)緑と水の連絡会議 理事長 高橋泰子

感想等
竹の仕組み(特徴)の話を聞いて、竹を使って水鉄砲を作りました。
子供たちは、苦労しながらも指導員の皆さんの力を借りて作ることができました。
水を押し出すピストンを作るのが難しかったようです。
子ども達は、出来上がった水鉄砲を使って庭で遊び楽しい思い出を作りました。

大田ルーテル・ラブリー児童クラブ

緑ヶ丘保育所:みーもサマースクール(2020年7月31日)

  • ユーザー名:緑ヶ丘保育所
  • 開催年月日:令和2年7月31日(金)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童16名・大人3名

感想等
梅雨も明けてようやく夏が来ました。昆虫を探し、キノコを見つけ、冷たい川に入ることができてとても良い経験になりました。
子ども達は、「虫を見つけて捕まえるのが楽しかった。」「魚を網でとるのが楽しかった。」「川で流れるのが気持ちよかった」とみんな楽しく過ごしました。

緑ヶ丘保育所

たけかや保育園:みーもサマースクール(2020年7月29日)

  • ユーザー名:たけかや保育園
  • 開催年月日:令和2年7月29日(水)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童19名・大人3名

感想等
朝から雨でしたが、雨の中の散歩も楽しくできました。こんな時期ですが、手洗いなど徹底していたので安心して参加することができました。
子ども達は、「鳥の声が聞こえて楽しかった」「葉っぱを取って絵を描いたのが楽しかった」「映画のように写してもらって楽しかった」と大喜びでした。また、バスでの移動も楽しんでいました。

たけかや保育園

雪舟保育所:みーもサマースクール(2020年7月22日)

  • ユーザー名:雪舟保育所
  • 開催年月日:令和2年7月22日(水)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童29名・大人4名

感想等
森を歩き、キノコを探し、また、めったに経験できない紙漉き体験ができました。
子ども達は、「キノコを見つけて採るのがすごくおもしろかった」「雨が降っていたけど、森の中を歩くのが楽しかった」「紙を作るのが面白かったと」と大満足でした。

雪舟保育所

なかの保育園:みーもサマースクール(2020年7月17日)

  • ユーザー名:なかの保育園
  • 開催年月日:令和2年7月17日(金)
  • 選択メニュー:メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数:児童27名・大人4名

感想等
森の中では、要所要所でお話を聞いて、わかりやすく自然の中での体験ができました。県民の森にすむ動物の話も興味深く聞くことができました。
子ども達は、「川遊びが一番楽しかった」「水の中の生きものを取るのが楽しかった」「森の中での動物の話や木の実や葉っぱの話が聞けて、冒険をしているみたいで楽しかった」と森の中での一日をとても楽しむことができました。

なかの保育園

一の谷保育園:みーもサマースクール(2020年7月3日)

  • ユーザー名: 出雲市立一の谷保育園
  • 開催年月日: 令和2年7月3日(金)
  • 選択メニュー: メニュー1(森と川の自然観察)
  • 参加者数: 児童19名 大人3名

感想等
いつもは自然に触れることは少ないが、たくさんの自然にふれてゆったりとした時間が過ごせてとても良かった。
子ども達は、「川の水は冷たかったけど楽しかった」「虫やカニを捕まえて楽しかった」「笹船がうまく作れて川に流せて良かった」と大喜びでした。

出雲市立一の谷保育園

出雲市総合ボランティアセンター:森づくり活動(2020年2月28日)

  • ユーザー名:出雲市総合ボランティアセンター センター長 米原ゆきみ
  • 開催年月日:令和2年2月28日(金)
  • 活動分野:森づくり活動
  • サポーター名:(個人)正木 勉、山碕 功

 子ども達に森林の大切さやボランティア活動を知ってもらうとともに興味を持たせるため、森林の大切さや活動、いろいろな葉っぱの構造などのお話を聞き、その葉っぱによるアート作品を各自で。

 普段何気なく木を見てそれぞれ葉っぱが違うことは何気なく分かっていたようだが、初めて木の葉っぱに触れた子どもも多く、木や森や自然についてもっと知りたいという子供が増えて目的が果たせたと思う。

出雲市総合ボランティアセンター

阿須那保育所:木材資源等利用活動(2020年2月14日)

  • ユーザー名:阿須那保育所 所長 今岡ひろみ
  • 開催年月日:令和2年2月14日(金)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)樹冠ネットワーク 代表 樋口千代子

「もっともっと色々な物を作りたい」という子供達の声にこたえ、今回は、椿の枝でひな人形を作りました。
自然物を使っての作品には温かみがありこの教室ならではの作品作りの経験を積むことができました。
出来上がった作品は、玄関に飾ったりひな祭り会に飾って楽しみました。

阿須那保育所

大田市山村留学センター:木材資源等利用活動(2019年12月26日)

  • ユーザー名:大田市山村留学センター センター長 西村崇司
  • 開催年月日:令和元年12月26日(木)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人緑と水の聯絡会議 理事長 高橋泰子

 センター周辺の枝葉をを見せながら木の名前や特徴を教えてもらってから、近年「ナイフは危険だから持つな」という風習になったが、なぜ危険か、洞悠風に使う物かも教えてもらい、全員で枝を利用してバターナイフを作った。
 子どもは普段枝葉を何気なく見ているたため、今回の講習会で興味を持つようになったとともに、恐る恐る使っていたナイフも完成するころには慣れてきたようであった。

大田市山村留学センター

出雲市立上津幼稚園:木材資源等利用活動(2019年12月11日)

  • ユーザー名:出雲市立上津幼稚園 園長 原久美子
  • 開催年月日:令和元年12月11日(水)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(個人)遠藤和則、遠藤訓子

 身近な森に様々な木があり、その期の葉を触ったり、匂ってみたりして違いを知り又、生活の中でどのように使われていたかを伝え、枝葉や実を使って思い思いのリースづくりをした。
 園児たちも初めて聞く話や初めて触る葉っぱ、リースづくりに普段見せない顔をしていて、夢中になっていたようです。

出雲市立上津幼稚園

阿須那保育所:木材資源等利用活動(2019年12月10日)

  • ユーザー名:阿須那保育所 所長 今岡ひろみ
  • 開催年月日:令和元年12月10日(火)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)樹冠ネットワーク 代表 樋口千代子

 寒くなってきたが、子供たちの自由な発想でモノづくりをさせたく、身近な森の中からいろいろ採取し、クリスマスツリーに挑戦させた。
 少しでも森に関心を持たせるため、今回も計画したがみんなが夢中になって取り組んでいた。

阿須那保育所

島根県東部農林振興センター:森林パトロール活動(2019年12月6日)

  • ユーザー名:島根県東部農林振興センター 所長 中村純一
  • 開催年月日:令和元年12月6日(金)
  • 活動分野:森林パトロール活動
  • サポーター名:(団体)島根県山地防災ヘルパー協議会 会長 佐藤勝則

冬を前に森林及び治山施設の点検方法について学び、今後の定期点検等スムースに行えると思われる。

島根県東部農林振興センター

島根県西部農林振興センター:森林パトロール活動(2019年11月29日)

  • ユーザー名:島根県西部農林振興センター 所長 森上浩平
  • 開催年月日:令和元年11月29日(金)
  • 活動分野:森林パトロール活動
  • サポーター名:(団体)島根県山地防災ヘルパー協議会 会長 佐藤勝則

冬を前に、森林及び治山施設の点検方法について教えていただき、県・市町村職員もスムースな点検ができるようになると思われる。

島根県西部農林振興センター

「子どものえがお」運営委員会:木材資源等利用活動(2019年11月27日)

  • ユーザー名:「子どものえがお」運営委員会 代表 武田裕子
  • 開催年月日:令和元年11月27日(水)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人緑と水の連絡会議 理事長 高橋泰子

小学6年生を対象に、全国植樹祭島根県大会のテーマ「循環型林業」について理解を深めるため、林業と木材についての座学を行ってから、木の椅子を作る連続講座の初回を行った。
生徒たちも木で自分たちの椅子が作れることに興味を持ったようだ。

「子どものえがお」運営委員会

出雲かんべの里:森とのふれあい活動(2019年11月23日)

  • ユーザー名:出雲かんべの里 館長 錦織明
  • 開催年月日:令和元年11月23日(土)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人もりふれ倶楽部 理事長 野々村俊成
      (個人)森下美津子、廣江百合子、洲浜寿晴、村上善久、安達昌巳

子ども達に森に関心を持たせるため、森の中で間伐体験、苔玉づくり、クリスマスツリーづくり等の自然工作、焚火で焼き芋、薪割などいろいろな体験をさせた。
鋸を使った小さな木の間伐や斧を使った薪割にはケガのないよう十分に使い方を教え、面白くなったようでなかなか止めようとしない子も、自然工作では思い思いに夢中になって作っており、多少は森に関心を持ってくれたと思います。最後にかまど炊きご飯と豚汁を全員で堪能した。

出雲かんべの里

島根県立浜田水産高等学校:森づくり活動(2019年11月21日)

  • ユーザー名:島根県立浜田水産高等学校 校長 中村公一
  • 開催年月日:令和元年11月21日(木)
  • 活動分野:森づくり活動
  • サポーター名:(団体)樹冠ネットワーク 代表 樋口千代子

「森を育てることが海と魚を育てる」テーマに座学による森の大切さを学び、水質改善活動として植林活動を行い理解を深めた。

島根県立浜田水産高等学校

「子どものえがお」運営委員会:木材資源等利用活動(2019年11月9日)

  • ユーザー名:「子どものえがお」運営委員会 代表 武田裕子
  • 開催年月日:令和元年11月9日(土)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人緑と水の連絡会議 理事長 高橋泰子

子ども達に身近な森の中の蔓や枝葉に触れさせるため、クリスマスツリーづくりに手伝いをさせた。
親も子の夢中になって作っており、もう少し子供たちの作業を増やすようにすればと感じた。

「子どものえがお」運営委員会

島根県緑化推進委員会:森づくり活動(2019年11月5~8日)

  • ユーザー名:島根県緑化推進委員会 代表理事会長 松尾秀孝
  • 開催年月日:令和元年11月5~8日
  • 活動分野:森づくり活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人もりふれ倶楽部 理事 野々村俊成
               樹冠ネットワーク 代表 樋口千代子
           (個人)津島辰雄、浅浦 徹


 子ども達に森林の果たす役割や大切さを伝え、ドングリの種を蒔いて育てて植え、身近な森林づくりに活用することで、森林や自然を大切にし、守り育てていくことを教えるため森の話を聞き、種も撒き方を教えていただいた。

島根県緑化推進委員会

島根職業能力開発短期大学校:木材資源等利用活動(2019年11月5日)

  • ユーザー名:島根職業能力開発短期大学校 校長 畑英明
  • 開催年月日:令和元年11月5日(火)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)樹冠ネットワーク 代表 樋口千代子

建築を学んでいる学生に対して、竹林における地域課題や加工技術を学ぶことを目的に、京都大学が取り組んでいるバンブーグリーンハウスを作成することに。
森林技術サポーターから繁茂する竹林の整備の重要性や、竹の加工方法を学び、学生にとっても良い体験をしたと思われる。

島根職業能力開発短期大学校

まつえ環境市民会議:木材資源等利用活動(2019年11月4日)

  • ユーザー名:まつえ環境市民会議 代表 瀬崎輝幸
  • 開催年月日:令和元年11月4日(月)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人もりふれ倶楽部 理事長 野々村俊成

里山の竹問題についてパネル等を使用して説明し、竹からいろいろな遊具ができることを子供たちに教えた。

まつえ環境市民会議

こばと保育園保護者会:森とのふれあい活動(2019年11月3日)

  • ユーザー名:こばと保育園保護者会 会長 内藤忠和
  • 開催年月日:令和元年11月3日(日)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(個人)森下美津子、廣江百合子、大峠百代、村上善久

 親子に森の中を体験させるとともに、森の恵みを教えるため、森の中の遊歩道を歩きながら草木の名前や森の大切さを教えてもらい、木の実や蔓を使ってリースづくりを行った。
 子どもどころか、親でも森の中に入ったことのないものが多く、親子とも森の中で楽しめたようで、リースづくりでは親も夢中になっていて、身近な森にも関心を持ってもらえるようになったと思う。

こばと保育園保護者会 こばと保育園保護者会

(株)テクノシステム:森とのふれあい活動(2019年11月2日~3日)

  • ユーザー名:(株)テクノシステム 代表取締役 日野幹雄
  • 開催年月日:令和元年11月2日(土)~3日(日)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(団体)フォレストサポート24 代表 青砥和夫

「いずも産業未来博2019」には森や木とは縁のない、手にする遊具は全て石油製品である子供が多く集まりるため、木の温かみを教えるため間伐材や枝のスライスしたもので自然工作を行い、木を使っての工作は初めての子供が多く夢中になって作っていたので、少しづつではあるが関心を示すようになったのでこれを継続してゆきたい。

テクノシステム

山のこども園うしのしっぽ:森とのふれあい活動(2019年10月29日)

  • ユーザー名:山のこども園うしのしっぽ 園長 京村まゆみ
  • 開催年月日:令和元年10月29日(火)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(個人)津島辰雄

 毎日山で遊んでいる園児はキノコを見つけることもあり普段からキノコにも興味を持っており、すぐに忘れてしまうかもしれないが、何回も行うことで毒・食べられるキノコの区別もつくようになり、森に興味を持たせるようにし、森の恵み・大切さを教えたい。

山のこども園うしのしっぽ

イオンスタイル出雲:森づくり活動(2019年10月27日)

  • ユーザー名:イオンスタイル出雲 店長 久保和義
  • 開催年月日:令和元年10月27日(日)
  • 活動分野:森づくり活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人もリふれ倶楽部 理事長 野々村俊成

 イオンチアーズクラブは店を拠点に集まってくる小・中学生に、環境について学ぶクラブで、今回は「森林と太陽の関係」について学びたく森林技術サポーターのネイチャーゲームから、昔と今の森林との関わり合い、森と太陽の関係、人工林での間伐の必要性など教えていただき、間伐材から和紙作りも体験させていただき、子供たちにとって何もかもが初めてのことで夢中になって聞いていました。

イオンスタイル出雲

邑南町公民館連絡協議会:木材資源等利用活動(2019年10月20日)

  • ユーザー名:邑南町公民館連絡協議会
  • 開催年月日:令和元年10月20日(日)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)樹冠ネットワーク 代表 樋口千代子

荒廃竹林が少しでも整備・利用されるよう、竹の様々な活用方法について今回は遊具と料理器具として教えていただいたので、これを機に身近に茂っている竹を少しでも利用したいという声が聞こえました。

邑南町公民館連絡協議会

口羽保育所:森とのふれあい活動(2019年10月17日)

  • ユーザー名:口羽保育所 所長 三上智子
  • 開催年月日:令和元年10月17日(木)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(団体)樹冠ネットワーク 代表 樋口千代子

身近な森に関心を持たせようと、子供たちにも分かりやすく紙芝居を使って指導いただき、蔦、枝葉や木の実を使って自然工作をした。
子ども達も身近な森の中の材料で、自分で作れる遊具ができることに驚いていました。

口羽保育所

やつか保育園:みーもサマースクール(2019年10月17日)

  • 団体名:やつか保育園
  • 開催年月日:令和1年10月17日(木)
  • 選択メニュー:メニュー2
  • 参加者数:児童22人・大人5人

感想等
専門の方に教えていただくことで、引率の大人もたくさんの気づきがありました。また、子どもたちの様々な表情を見ることができ、嬉しかったです。また機会があれば来たいと思いました。

やつか保育園

大庭公民館野あるきの会:木材資源等利用活動(2019年10月16日)

  • ユーザー名:大庭公民館野あるきの会 代表 高取裕子
  • 開催年月日:令和元年10月16日(水)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(個人)國井加代子、廣江百合子

 近くの森の中の材料を使っての物づくりをと、子や孫にも教えようと、アケビの蔓を使って花入れづくりを教えていただいた。
 また、ヨメナ茶で当地方独特のボテボテ茶も味わい、子や孫に教えてやりたいと思います。

大庭公民館野あるきの会

出雲市出西地区自治協会:山地防災活動(2019年10月13日)

  • ユーザー名:出雲市出西地区自治協会 会長 神門保雄
  • 開催年月日:令和元年10月13日(日)
  • 活動分野:山地防災活動
  • サポーター名:(個人)佐藤勝則、園山幸雄、奈良井満、恩田吉夫

 近年全国的に豪雨災害が多発しており、出西地区の文化祭において防災コーナーを設け、大人から子供まで山地災害のメカニズムを知ってもらうため、治山模型による山地防災に対する意識啓発を行った。

出雲市出西地区自治協

大田市立志学中学校:森とのふれあい活動(2019年10月3日)

  • ユーザー名:大田市立志学中学校 校長 曽田和彦
  • 開催年月日:令和元年10月3日(木)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人もりふれ倶楽部 理事長 野々村俊成

 緑の少年団活動に取り組んでいる子供たちだが、すぐ近くの国立公園内の三瓶山の成り立ちや生息している植物について教えたくサポーターに依頼した。
 登山道を歩きながら周辺の植物の名前や特徴を、山頂では火山であり三瓶山全体についても教えてもらい、今後の少年団活動の参考となったと思う。

大田市立志学中学校

益田市立鎌手小学校:森とのふれあい活動(2019年10月1日)

  • ユーザー名:益田市立鎌手小学校 校長 小田公弘
  • 開催年月日:令和元年10月1日(火)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(個人)常國文江

「ふるさとの海を守ろう」をテーマに、森との繋がりや森林整備の必要性、家庭でもできる環境改善等子供たちにも分かりやすく教えていただき、子供たちも森や環境について興味を持たせることができたと思う。

益田市立鎌手小学校

匹見上公民館:森とのふれあい活動(2019年9月29日)

  • ユーザー名:匹見上公民館 館長 渡邊幸雄
  • 開催年月日:令和元年9月29日(日)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(団体)全国森林インストラクターしまね 会長 永島守

 自分の森のキノコ採りにも入らなくなって、もう一度身近な森林に興味を持たせるようにキノコ教室を行った。
 それぞれが収穫したキノコについて名前や食料にできる、できない等の判別の仕方を教えてもらってから、全員で秋の味覚を味わったが、一人ひとりで森に入る場合ははっきりとしたものは採取するが、やはり見分けが付きにくいものは不安が残り採取はできないと思うので、当分の間グループで入ることにする。

匹見上公民館

雲南市立西小学校:木材資源等利用活動(2019年9月8日)

  • ユーザー名:雲南市立西小学校 校長 野津勇
  • 開催年月日:令和元年9月8日(日)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人もリふれ倶楽部 理事長 野々村俊成

 ほとんどの子供たちが自身で遊具等を作ったことがないため、森の中の材料を使って作らせ、木の温かみや身近な森の中からでもいろいろなものが作れることを体験させてやりたいとサポーターさんのご協力いただきました。
 1~4年生は木の実や木片を使っての自然工作、5年生は和紙作りを行い、それぞれが夢中になって作っていていました。

雲南市立西小学校

日脚保育園:みーもサマースクール(2019年8月27日)

  • 団体名:日脚保育園
  • 開催年月日:令和元年8月27日 雨時々曇り
  • 選択メニュー:(森の自然かんさつと川の観察)
  • 参加者数:児童26人・大人3人

感想等
初めて見るキノコもあってとても感動しました。
何回も来ていますが、雨は初めてでした。雨の中の活動もとてもよかったです。
川の水はとても冷たかったですが、子供たちは魚を見て興奮していました。
日頃はキノコに触らないように言っていましたが、キノコに触れて、においをかいで、良い体験をさせていただきました。

日脚保育園

ますだ交流館:木材資源等利用活動(2019年8月23日)

  • ユーザー名:ますだ交流館 運営委員長 津田哲郎
  • 開催年月日:令和元年8月23日(金)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(個人)大野勉

 子供たちに身近な森に関心を持たせるために、森の中から採取してきたドングリや竹、葉っぱなどを使って遊具を作らせた。
 ドングリのストラップ、葉っぱのしおり、竹トンボづくりなど夢中になって作ってから遊び、自分で作ったという喜びと、出来上がっているプラスチック製品とは何かが違っていることに気が付いたようで、少しは森に関心を持ってくれるようになったと思う。

ますだ交流館

えんや保育園:みーもサマースクール(2019年8月23日)

  • 団体名:えんや保育園
  • 開催年月日:令和元年8月23日(金)
  • 選択メニュー:メニュー1
  • 参加者数:児童19人・大人3人

感想等
いろいろな自然に触れることが少なくなっているので、今回のように自然の中で過ごす活動はとても良い経験になりました。

えんや保育園

鎌手、遠田、北仙道、常盤、若葉の各保育所:みーもサマースクール(2019年8月22日)

  • 団体名:鎌手、遠田、北仙道、常盤、若葉の各保育所
  • 開催年月日:令和元年8月22日(木)晴れ
  • 選択メニュー:(森の自然かんさつと川の観察)
  • 参加者数:児童23人・大人10人

感想等
いろいろな植物と触れて、においをかいで名前も教えていただき勉強になりました。
川の冷たさにびっくりしました。川の魚を見ることができ、子供は大変喜んでいました。
5園合同のサマースクールを実施でき、他園との交流ができ感謝します。
子供たちは初めてマムシを見ました。日頃味わえない体験でした。

鎌手、遠田、北仙道、常盤、若葉の各保育所

上津児童クラブ:木材資源等利用活動(2019年8月22日)

  • ユーザー名:上津児童クラブ
  • 開催年月日:令和元年8月22日(木)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(個人)遠藤和則、遠藤訓子

島根県は森林率が高いことを知り驚きの声も、これからは気を育てて木を利用す路ということから、ピザも薪を使って焼くことにして、子だもたちも珍しがって順番に薪を入れていて、関心を持ったようです。

上津児童クラブ

安田っ子クラブ:みーもサマースクール(2019年8月22日)

  • 団体名:安田っ子クラブ
  • 開催年月日:令和元年8月22日(木)
  • 選択メニュー:メニュー2
  • 参加者数:児童24人・大人5人

感想等
きれいな空気の中、爽やかな気持ちで過ごすことができました。
午前も午後も工夫された自然観察をしていただき、大人も子どももとても楽しむことができました。

安田っ子クラブ

大田わんぱく児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月21日)

  • 団体名:大田わんぱく児童クラブ
  • 開催年月日:令和元年8月21日(水)
  • 選択メニュー:メニュー1
  • 参加者数:児童26人・大人6人

感想等
楽しい時間を過ごすことができ、子どもたちも大満足でした。
子どもも見るもの聞くもの、すべてが初めてのことでキラキラした目がたくさん見れ、私たち引率の者もうれしかったです。

大田わんぱく児童クラブ

さくら児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月21日)

  • 団体名:さくら児童クラブ
  • 開催年月日:令和元年8月21日
  • 選択メニュー:森の自然かんさつと川の観察
  • 参加人数:児童28人、大人6人

感想等
(子ども)
笹舟のつくり方を覚えた。
変なキノコが取れて楽しかった(ホソツクシタケ)。
最後におおきな魚が捕れて良かった。
(大人)
今まで見たこともないキノコを見つけて、その名前を覚えたりと子どもたちがよろこびながら学べたことが良かった。
自然にあるものを使った遊び方や、生き物に直に触れる体験は、楽しみながら多くのことを学べたと思います。

さくら児童クラブ

檜山ひのき児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月20日)

  • 団体名:檜山ひのき児童クラブ
  • 開催年月日:令和元年8月20日(火)
  • 選択メニュー:雨天時メニュー
  • 参加者数:児童13人・大人5人

感想等
雨でも室内でできるメニューもあったので、記念に残る工作を作ることができました。
雨の合間をぬって出かけた森もきちんと整備され、安心して歩くことができました。
子供たちも貴重な体験ができたと思います。

檜山ひのき児童クラブ

あったかホッ育あおのほし:木材資源等利用活動(2019年8月19日)

  • ユーザー名:あったかホッ育あおのほし
  • 開催年月日:令和元年8月19日(月)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(個人)森下美津子、廣江百合子

「しぜんとなかよし」をテーマに、夏休み中に化学製品では味わえない、近くの森で採取した木、葉、実を利用して、思い思いの作品を作らせることに。
子どもたちも初めての作品作りで、生き生きした姿が印象的でした。

あったかホッ育あおのほし

城北児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月19日)

  • 団体名:城北児童クラブ
  • 開催年月日:令和元年8月19日(月)
  • 選択メニュー:2(一日森の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童22人・大人3人

感想等
普段はできない体験をすることができて大変有意義でした。
森に親しむことができて、子どもたちにも良い思い出ができたと思います。

城北児童クラブ

めだか児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月19日)

  • 団体名:めだか児童クラブ
  • 開催年月日:令和元年8月19日
  • 選択メニュー:森の自然かんさつと川の観察
  • 参加人数:児童25人、大人3人

感想等
(子ども)
昆虫採集が楽しかった。
水が冷たかったけど、いろんな魚が見つかって楽しかった。
(大人)
森には危険な生き物も居ることは教えてもらってましたが、実際にマムシと遭遇して改めて実感しました。
匹見の川の冷たさに驚きました。
山の川は水温も水質も街の川とは大きく違い、生息している生物も異なることを知れたことは大きな発見になった。

めだか児童クラブ

大田ルーテルラブリー児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月9日)

  • 団体名:大田ルーテルラブリー児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年8月9日
  • 選択メニュー:森と川の自然かんさつ
  • 参加者数:児童32名、大人6名

感想等
キャンプ場までは連れて行くものの、その先の森の中には子供どころか、大人たちも入ったことがなく、サポーターの方々の案内により安心して学ぶことができました。

大田ルーテルラブリー児童クラブ

高浜児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月9日)

  • 団体名:高浜児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年8月9日(金)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童27人・大人4人

感想等
とっても楽しく過ごせ、勉強にもなります。
普段できない貴重な体験ができたと思います。毎年来たいです!

高浜児童クラブ

三隅小児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月9日)

  • 団体名:三隅小児童クラブ
  • 開催年月日:令和元年8月9日(金)
  • 選択メニュー森の自然観察と川の観察
  • 参加人数:児童11人、大人3人

感想等
(大人)
たいていは子どもは30分程度で飽きてしまうのですが自然の中だとずっと夢中になっていたので嬉しかったです。
インストラクターの方に、森や川にいる生き物や植物のことを教えてもらっている時、集中して聞き入っていたのでとても勉強になったと思います。
(子供)
いろんな虫がいておもしろかった。知らなかった虫の名前をたくさん覚えた。

三隅小児童クラブ

ひかり児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月8日)

  • 団体名:ひかり児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年8月8日(木)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童22人・大人4人

感想等
今回、久しぶりに来ることができてうれしいです。
森も川もすてきで、大変楽しく過ごせました。
初めて見る動植物をわかりやすく説明していただき、子ども達も興味をもっていました。

ひかり児童クラブ

雪舟保育所&緑ヶ丘保育所:みーもサマースクール(2019年8月8日)

  • 団体名:雪舟保育所&緑ヶ丘保育所
  • 開催年月日:令和元年8月8日
  • 選択メニュー:森の自然かんさつと川の観察
  • 参加人数:児童35人、大人7人

感想等
(子ども)
キノコを採るのが楽しかった。
笹舟がじょうずにできてよかった。
(大人)
他の保育所の子たちと夢中になって自然の中の虫やキノコを探していて、合同でできたことが良かったと思います。
知らない虫やキノコを見つけるたび名前を聞いていて、とても関心を持ったんだと思います。

雪舟保育所&緑ヶ丘保育所

いそたけ保育園・久手保育園:みーもサマースクール(2019年8月7日)

  • 団体名:いそたけ保育園・久手保育園
  • 開催年月日:令和1年8月7日
  • 選択メニュー:森と川の自然かんさつ
  • 参加者数:園児25名、大人4名

感想等
身近にある森や川にも連れて行くことができず、森の働きや木の特徴など教えてもらい、子供たちにとって良い体験ができたと思います。

いそたけ保育園・久手保育園

大森まちづくりセンター:木材資源等利用活動(2019年8月6日)

  • ユーザー名:大森まちづくりセンター センター長 山下幸弘
  • 開催年月日:令和元年8月6日(火)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人緑と水の連絡会議 理事長 高橋泰子

板を触らせて、化学製品にない手触りや木の温かみを感じさせた。

大森まちづくりセンター

デハ1にこにこ児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月6日)

  • 団体名:デハ1にこにこ児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年8月6日(火)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童34人・大人6人

感想等
森林インストラクターの方々に色々と配慮していただき、森や川で楽しく活動することができました。
子どもたちも大変満足していました。

デハ1にこにこ児童クラブ

加茂児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月5日)

  • 団体名:加茂児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年8月5日(月)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童25人・大人2人

感想等
一日を通しての活動だったので、ゆっくりと山や川の観察ができました。
友達との自然観察や川の生きものを捕まえてじっくり観察することなど、普段はなかなか経験できないことをさせていただきました。

加茂児童クラブ

雲南市立掛合小学校4年生:森とのふれあい活動(2019年8月3日)

  • ユーザー名:雲南市立掛合小学校4年生
  • 開催年月日:令和元年8月3日(土)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人もりふれ倶楽部 理事長 野々村俊成

山の中の小学校だが山に入った子供はいないどころか、親も先生も入った人は少ないようで、親も子も一緒に森の中を案内してもらうため今回行うことになった。
見るもの聞くもの初めてのことばかりで、もう少し森の中に居たいという子も。
展示館では竹筒ご飯用の竹筒づくり、大人は手伝う程度でほとんどの子供が作り終えた。

雲南市立掛合小学校4年生

ニュー学園台自治会:森とのふれあい活動(2019年8月3日)

  • ユーザー名:ニュー学園台自治会 会長 藤原政司
  • 開催年月日:令和元年8月3日(土)
  • 活動分野:森とのふれあい活動
  • サポーター名:(団体)NPO法人もリふれ倶楽部 理事長 野々村俊成

すぐ近くの楽山公園の樹木や草花などには興味はあるが、薄暗いイメージがあり入ることはなかったが、森林技術サポーターによる自然散策とともに森の大切さ等も指導いただき、森や木々が身近なものとなった。
また、荒廃竹林から竹を伐採し、竹細工指導もいただいた。

ニュー学園台自治会

東部保育園:みーもサマースクール(2019年8月2日)

  • 団体名:東部保育園
  • 開催年月日:令和1年8月2日(金)
  • 選択メニュー:2(一日森の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童25人・大人4人

感想等
園の周りには安心して入れる森がないので、今日は子どもたちに貴重な体験をさせてあげることができました。
スズメバチの対処法など保育士にも勉強になることを知ることができて良かったです。

東部保育園

めぐみ保育園:みーもサマースクール(2019年8月2日)

  • 団体名:めぐみ保育園
  • 開催年月日:令和元年8月2日
  • 選択メニュー:(森の自然かんさつと川の観察)
  • 参加人数:児童31人、大人4人

感想等
(子ども)
キノコが多く採れて楽しかった。
笹舟のつくり方を覚えた。
(大人)
子どもたちは普段できない自然の中での楽しみ方を知ることができて良い体験になったと思います。
きれいな川に住んでいる魚をはじめたくさんの種類の生き物の名前を教えてもらい勉強になりました。

めぐみ保育園

ひまわり児童クラブ:みーもサマースクール(2019年8月1日)

  • 団体名:ひまわり児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年8月1日(木)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童40人・大人6人

感想等
いつも楽しく勉強できる内容で、とても良い経験ができます。
子どもたちも自然の中で生き生きしているのがよくわかります。
また来させてもらいたいです。

ひまわり児童クラブ

うしお児童クラブ:みーもサマースクール(2019年7月31日)

  • 団体名:うしお児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年7月31日(水)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童35人・大人5人

感想等
家の周りにはない木や草などの説明を詳しく聞いて、子ども達にはとても良い体験をしたと思います。
この事業を継続していただくことで自然に関する知識が増え、大人になっても子どもたちに引き継ぐことができると思います。

うしお児童クラブ

美里町放課後クラブ:みーもサマースクール(2019年7月30日)

  • 団体名:美里町放課後クラブ
  • 開催年月日:令和1年7月30日(火)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童33人・大人6人

感想等
目隠しをして草の上を歩くのは怖かったらしいが、いろいろな植物からお茶が作れ、川の生き物によって水質が違うことなど、普段教えることのできないことばかりを教えていただき、子供たちに良い体験ができたと思います。

美里町放課後クラブ

須佐小児童クラブ:みーもサマースクール(2019年7月30日)

  • 団体名:須佐小児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年7月30日(火)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童25人・大人3人

感想等
佐田にも山や川はありますが、ここの森のように整備されたところはないので安心して森の中に入ることができました。
川も浅くてきれいでよかったです。また来たい!という子がたくさんいました。

須佐小児童クラブ

窪田小児童クラ:みーもサマースクール(2019年7月29日)

  • 団体名:窪田小児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年7月29日(月)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童28人・大人4人

感想等
山や川のあるところに住んでいますが、こんな風に自然体験できる場所がなく、子供たちに良い体験をさせることができ又、とても楽しく過ごさせていただきました。
インストラクターの方もおられて、安心して活動することができました。

窪田小児童クラブ 開催年月日:令和1年7月29日

八束っ子児童クラブ:みーもサマースクール(2019年7月26日)

  • 団体名:八束っ子児童クラブ
  • 開催年月日:令和1年7月26日(金)
  • 選択メニュー:2(一日森の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童25人・大人6人

感想等
普段はおとなしい子が自然の中では生き生きと積極的に活動しているのが印象的でした。
引率もとても勉強になり、自然に触れることで大人も子供もリフレッシュできました。

八束っ子児童クラブ

神田保育園:みーもサマースクール(2019年7月25日)

  • 団体名:神田保育園
  • 開催年月日:令和元年7月25日(木)晴れ
  • 選択メニュー:(森と川の自然観察)
  • 参加者数:園児31人・大人4人

感想等
(大人)
匹見の川の水の冷たさに驚きました。
森にも川にも多くの生き物が住んでいるという発見が、子供たちにとてもよい体験となりました。
(子供)
魚をみつけて楽しかった。
山で虫を見つけたり、キノコがたくさんとれてうれしかった。

神田保育園

神門第Ⅱ・神門保育園:みーもサマースクール(2019年7月24日)

  • 団体名:神門第Ⅱ・神門保育園
  • 開催年月日:令和元年7月24日(水)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童33人・大人5人

感想等
森の中や川の中をじっくりと観察することができ、色々な生きものがいることやいろいろな名前を知ることができ、子供たちも夢中になって見聞きしていて、私たち保育者も勉強になりました。

神門第Ⅱ・神門保育園

葵保育園:みーもサマースクール(2019年7月23日)

  • 団体名:葵保育園
  • 開催年月日:令和元年7月23日(火)雨時々くもり
  • 選択メニュー:(森と川の自然観察)
  • 参加者数:園児21人・大人4人

感想等
(大人)
雨で増水して川には入れなかったが、森を歩いてキノコや虫など、探すことに夢中になっている姿を見られてうれしかった。
自然の物を使って楽しく遊ぶことができることを知ったのは子どもたちにとって良い経験になったと思います。
(子供)
たくさん虫がとれて、イモリもとれてよかった。
キノコ探しが面白かった。

葵保育園

サンチャイルド長久さわらび園:みーもサマースクール(2019年7月12日)

  • 団体名:サンチャイルド長久さわらび園
  • 開催年月日:令和1年7月12日(金)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童25人・大人3人

感想等
雨の中でしたが、普段なかなか体験することができない森の観察、そして川に入ることができ、生きものの成長、自然、命の尊さを感じる貴重な経験になりました。
今後もぜひ参加させていただけるとうれしいです。

サンチャイルド長久さわらび園

たけかや保育園:みーもサマースクール(2019年7月10日)

  • 団体名:たけかや保育園
  • 開催年月日:令和1年7月10日(水)
  • 選択メニュー:1(森と川の自然かんさつ)
  • 参加者数:児童17人・大人3人

感想等
虫や川での遊びが大好きな子どもたちですので、生きものについて教えていただきながら楽しく、貴重な経験ができました。
とても楽しそうな子供たちの笑顔をたくさん見ることができました。

たけかや保育園

奥出雲町立阿井公民館:木材資源等利用活動(2019年6月16日)

  • ユーザー名:奥出雲町立阿井公民館 館長 郷原喜美子
  • 開催年月日:令和元年6月16日(日)
  • 活動分野:木材資源等利用活動
  • サポーター名:(個人)野々村俊成、遠藤和則、遠藤訓子

 森に恵まれた地域で「たたらの町」として知られているが、年々森があれているように思われ、子供だけでなく大学生や大人も参加を呼びかけ、森林技術サポーターの方々に森の大切さや木の利用について教えていただいてから全員でピザを作った。
 知らない者同士でも輪が広がり、毎日何気なく景色の一部としか見ていなかった里山や深山を手入れをしなければと、関心を持っていただけるようになった。

奥出雲町立阿井公民館

みつき田和山保育園:みーもサマースクール(2019年6月7日)

  • 団体名:みつき田和山保育園
  • 開催年月日:令和1年6月7日(金)
  • 選択メニュー:2(一日森の自然かんさつ)・雨天時メニュー
  • 参加者数:児童17人・大人3人

感想等
以前から参加したいと思っており、今年ようやく参加することができました。
雨で心配していましたが、楽しい工作をすることができて良かったです。
森の中を歩くことも普段はできませんので、子どもも良い体験ができたと思います。

みつき田和山保育園


↑ このページのトップへ